プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
玄米のおいしい炊き方
今さらの玄米シリーズ、その2

げんまいごはん

玄米をおいしく炊く⑤玄米は無農薬、無化学肥料のものを。
コツ
をお伝えします。

①玄米には種子を守る「アブシジン酸」という発芽抑制の微毒があると問題にされますが、基本は炊けば問題ありません。
気になる人は浸水時間を6時間以上もつと、発芽状態になっていくため、少し陰性になり消化もよくなります。

②お米をあらうときの最初のお水と最後のお水はおいしくいいお水を。
最初のお水は、お米がのどが乾ききった状態なのですごいスピードでお水を吸います。なのでまず一回目に入れる水はきれいなおいしい水を、かるく手でまわしてすぐに捨てる。これがポイント!

③玄米は拝み洗いといって、両手で拝むようにフィチン酸を壊さないようやさしく擦り洗いする。もみ殻のついたお米はもみ殻は爪で簡単にはがせますので手間でも取り除いてあげましょう。

④玄米はカリウムが多く苦みを感じるので自然塩をいれて中和させるとおいしく炊けます

⑤玄米はできるだけ無農薬、無化学肥料のものを。



【圧力なべでの玄米の炊き方】
玄米 3カップ
浄水 3+2/3カップ
塩 ひとつまみ

①玄米にきれいな水をいれ、時計回りに軽く4~5回まわしてすぐに水を捨てる

②再度水を入れ、両手で拝むようにやさしく洗い、3回ほど水を変える
 (洗った水は植物にあげたりするといいですよ)

④分量の水を入れ、蓋をしないで中火にかけ沸騰したら塩を入れ、蓋をして強火にし、圧力をかけて圧があがったら弱火にして25分程度。最後に強火で5秒したら火を止めて火からおろし10分蒸らす。

⑤圧がさがったら蓋をあけてしゃもじをなべ肌をはがすようにまわし入れ、十字にしゃもじを入れて天地をかえし混ぜる。

※季節にあわせ、春夏は麦やハト麦などをいれたり、土用や晩夏にはあわ、冬は黒米やそば実などをいれたりしてバランスをみておいしく感じるか試してみるといいですよ。




スポンサーサイト
いのちの源「玄米」
今更ですが、いや、いまだからこその玄米のこと。

マクロビオティックを学び実践する中で、自然との共存=環境や気候風土にあった食べ方をすることが大切だという「身土不二」の考えをベースに、常に自分の状態、陰陽のバランスをみて生活することで快適に暮らせる、、、と実感しています。

飽食の今、糖質オフや低糖質といって穀類や炭水化物を減らすという動きがありますが、やはり日本人である私たちは古来から米を尊び、神事やお祭りなどでも五穀豊穣を祈ってきていました。
天候や災害でその年のお米が豊作か否か、、、主食であるお米が十分に食卓をまかなえることは何よりの幸せであったんです。

島国であった日本、今のように食糧自給率が39%であろうと(東京は1%!!)、輸入が途絶えることなく常にものにあふれているなんていうことはなく、冷凍などという技術もなかったころ、自分たちで育ておなかを満たすためにあらゆる工夫をし、お米の一粒をも大切にしてきました。

そんなお米のもみがらを取り除いた表皮と胚芽部分を残した玄米は、生きた種です。
小皿に水をはってお米をいれておけば芽がでるのを目でみることができます。
生きたエネルギーをいただくことは私たちにも活力を与えてくれます。
玄米は、現代の人たちに不足する栄養素を補え、様々な生活習慣病などの予防や改善へ導いてくれるもの。
230種類以上の酵素が含まれ、完全栄養食をいわれるように食物繊維、ビタミン、ミネラルの他、フィチン酸(抗酸化、抗がん作用や排毒効果)、フェルラ酸(抗酸化作用や認知症予防効果もあるといわれる)、GABA(リラックス作用)などが豊富に含まれています。
image1 (7)

玄米はマクロビオティックでいう陰陽バランスからみても中庸(バランスがよい、からだに負担をかけない)の食材ですが、その小さな一粒一粒に種の強いエネルギーを持つため、食べ過ぎだったり肉や魚、乳製品などの高脂肪で高カロリーの食事をしている人がプラスで玄米ばかりを食べていると、エネルギー過多の陽性(固く、熱く、締まる)になり、きゅうくつで気持ちもからだもカチコチになり、緩める作用の高い甘いものやアルコールの暴飲暴食に走ったり、怒りやすくなったりしてしまいます。
ましてよく噛まずに白米とおなじようにかきこんで食べたら胃も悲鳴をあげてしまいます。

玄米は一日1膳まで、動物性食品を減らし、50年前の食卓を想像し、ケの日(日常)の食卓にならぶ玄米ごはん、味噌汁、漬物、野菜のおかずといった一汁三菜のごはんを、少し現代風にわびしくならないように工夫してとりいれて、よく噛んで感謝していただいてみるときっといろんな変化や改善がおきて驚くはずですよ。

私もマクロビオティックに沿った生活にしてからアレルギー、花粉症、鼻炎の改善、疲れやすさや慢性疲労の改善、など大きくかわりましたから、、、、、
そして何よりメンタルやスピリチュアルなところで、宇宙につながるというと???と思われますが、自然界の一部になれて自然に人生がうまくいくようになります。
芽と根がでる玄米を食べると、地に足がつくというか、軸ができてしっかりと前進することができます。

望診(ぼうしん)
今日はマクロビオティックのわたしの師匠である永井邑なか先生の田園調布の「ラ・コシナ・デ・ミナカ」での研究科の講座。

宿題で渡されていた唐沢寿明さんの写真とデータから何を読み取り、どんなアドバイスをするか。
そしてそれにあった料理を持ってくる、というもの。


私の望診とアドバイス
【まず生年月日から】
1963年6月3日生まれ
九星気学では一白水星、裏の星は五黄土星
一白水星は自分の内面を見せない、1人になりたい平和主義者。神経質で悩みやすい。
今年は5のハウスにいるため、周りをよく見て人の意見を聞くことが大切。集中の年

【顔から】
目・・・白目にグレーの濁りは動物性脂肪やたんぱく質の粘液が蓄積している。特に右外下は生殖器。

目の下のたるみ・・・腎臓、膀胱の冷え。水分代謝がよくない
一白水星は冷えやすい。子供がいないのも腎、生殖器が弱いと見られる
アルコール、甘いもの、腎を詰まらせる動物性食を控える。
背中のウエストの上あたりの腎臓部にこんにゃく湿布などをしてあたためる。

下三白眼・・・甘いものや添加物、アルコール、酸化した油のとりすぎ。血液が酸化している

眉間の縦じわ・・・陽性過多。動物性過多、アルコール、食べ過ぎなどで肝臓が疲れて硬くなっている。怒りっぽいのは自然の中に行き森林浴、リラックスして柔軟な心をもつよう心がける

唇・・・小さく締まっているのは動物性、卵類とりすぎ。中央部の縁がぼやっとしているのは生殖器の弱り

あご・・・固くなっているのは生殖器、前立腺に脂肪が蓄積

☆ほぼ正解。
先生のレクチャーでプラスされたのは↓↓

まず陽性なのか陰性なのかどっちなのかをみる→明らかな陽性
・目玉が出ている・・・甲状腺異常、腎系の弱り
・54歳でありながらの真っ黒な髪・・・血液酸化、胃がんの危険あり
・顔全体のむくんだ印象・・・ふぐのように見えるのが自身や両親が魚を多く食べたのでは?
・鼻筋の根元が凹んでいる・・・膵臓も疲労
・目の前に人差し指を立てて集中して見て、パッと指を離してみた時に顔の影や印象をみる、すなわち目に見える以上の奥を見とること

それから姓名学についてはわたしは軽くしかやっていませんが、もっと学ばねばならないな、と思いました。

人の健康相談、アドバイスはその人になりきって受け入れられる、取り入れられることを、、そして動物性がたっぷり入った頑固な人ほど、出来ないことは言わない、たとえば唐沢さんにはニンニクやコショウ、きのこをつかったスープなどを食べてもらうことから勧めたり、、、


そういえば、唐沢さんは結婚前にはゲ○説もあったので生殖器の問題があちこち垣間見えるのは納得だったりします。

私の健康相談(ダイエタリーライフスタイルアドバイス)は、それぞれにあった食事や料理のことだけでなく、ヨガや気功、温熱療法、マントラ、オラクルカードやパワーストーンセラピー、そして私生活のカウンセリングやオンオフの切り替えのための楽しみ方なども含めトータルでパーソナルにサポートしています。

初回カウンセリングは1時間半3000円でお受けしています。
お試ししたい、、という方は
vegemiyu831@gmail.com
に「健康相談希望」というタイトルでメッセージくださいね。


唐沢さんの肝臓を柔らかく蓄積脂肪を溶かしほっとさせる料理
青梗菜と大根葉のお浸しに干しえのきと切り干し大根を混ぜ、大根おろしにきれいな梅酢のピンクで。
いい塩をいれることで血液をアルカリに、、、





美のミネラル"ケイ素"パワー
地球上で酸素に次いで二番目に多いミネラルのケイ素。
ご存知ですか??

今まではあまり注目されない、というか馴染みのないものでしたが、これが健康にも美容にもアンチエイジングにも、、、はたまたガンなどの撲滅や未病ケアなどにも大きな糸口になるであろうと言われています。
その市場はなんと150億円規模に広がっているのだとか。

ケイ素はもともと土壌にあるもので、土の中、岩石、粘土などに含まれていて、野菜や穀類、水、塩などに当たり前に入っておりそれが私たちの体内にはいって、血液中のソマチッドを元気にし血液をきれいに流れをよくしてくれているんです。

体内のケイ素は歳をとると減っていってしまい、よ り食べ物からとりたいものですか、問題なのは環境破壊、農薬などによる土壌の汚染などからケイ素が減っていて、野菜などに含まれるケイ素も少なくなってしまっているんだそうです。
それにより、病気の人が増加しているとも言われます。

そんなこれからの時代の救世主にもなるであろうケイ素。
足りないものはこの「シリカエナジー」を毎日数滴ずつでいいので飲むといい、というので初めています。
点眼しても、切り傷にたらしても、もちろん顔に塗っても、再生能力や治癒力が上がるそう。
ケイ素はシリカ、水晶、麦飯石などにも含まれていて、アクセサリーなどで身につけるのも効果があるそうです。

この原石は枕元とかに置くと夜中の細胞の生まれ変わるゴールデンタイムの代謝をサポートしてくれたり、安眠も誘ってくれます







ケイ素は、食べ物ならまっすぐ伸びるもの、今の季節ならたけのこ、つくし、スギナ、青梗菜、よもぎ、土の中にできるレンコンなどに多く含まれます。

やっぱり健康の源と最高の美容液はいい土で育つ野菜なんだ!
マメココロ
語呂の良いネーミングのお店はやっぱり愛着がわくものです。

たまたま見つけた北千住のカフェスペースのあるコーヒー豆やさん。
「マメココロ」
前情報なしのたまたま通りがかり、が、「当たり」のときって、小躍りしたくなるくらい嬉しかったりする。

世界各国の豆がそろい、味のバランス表示だけでなくひとつひとつにわかりやすく産地や特性が説明されていて、注文してから焙煎して挽いてくれる。待ち時間にはtoday'sコーヒーをサービスしてくれてカフェスペースでのんびり待つことができちゃうのもポイント高し!!

そして、オーガニックの豆の種類がたくさんあるのがこだわる人にもオススメです。

なかなか降り立つことがない北千住ですが、近くに行く機会があるときはぜひ立ち寄ってみてくださいね!丸井のある出口をでて徒歩5分ほど。商店街に面しています。

マンダリンG1とバリアラビカ神山ハニーがお気に入り。

密かに、美味しいコーヒーには香りを邪魔しない、殺さない、おいしいヴィーガンスイーツや、天然酵母ベーグルのヴィーガンサンドなんてあったらいいな、、とそのうちオーナーさんにお話したいな、などと思っています。

#マメココロ
https://www.facebook.com/mamecocoro/