プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.

春のヴィーガンスイーツたち♡白砂糖、卵、乳製品不使用、すべて手作りです。友人5人のコラボスイーツ。めちゃくちゃ美味しかったー!

今日はホワイトデー🍫
スイーツもりもり、職場でも行き交っていたはず。
いつも以上にたくさん甘いの食べた人も多いでしょーね!
白砂糖の依存性、常習性の怖さや、世界では砂糖税をかけるところもでてきてその健康被害が大きく取りざたされているのに、日本って本当に遅れていて無頓着。もどかしい、、、、

WHO世界保健機構のガイドラインでは、ひとり当たりの砂糖摂取量は1日25g以下としていて、これは小さじ6杯くらいなんだとか、、
こう聞くとそんなにたべてないよーって人がいると思いますが、これって500ミリリットルのコーラなどの清涼飲料水に砂糖含有量は50~70gくらいだそう。それどころか今はみんなの味覚志向がどんどん「甘い」のを好むため、料理や惣菜やスープや何から何まで砂糖がはいってる。見えないところに。

世界で基準値未満となっている国は10か国しかないんだとか。

糖尿、低血糖症、虫歯、うつ病、認知症、アルツハイマー、動脈硬化の原因となり、がんや細菌の餌になる精白した砂糖。キレやすい子供も砂糖が影響しています。

スイーツは手作り、甘みは自然のドライフルーツや甘酒、米飴などの甘みで、アレルギーの原因にもなる生クリームや卵はいれずにつくりましょう。そしてお店でもそういうものを選ぶことで、一か月で違いがわかるはず!


https://www.google.co.jp/amp/www.mag2.com/p/news/241804/amp
スポンサーサイト
右回りのパワーで邪気なんてこわくない


北半球に住む私たちは排水口の水の流れも、トイレの水流も右回り、わたしたちの腸も右回り。キャップを閉めるときも右回り。
氣の世界でも右回りでは力がこもりパワーが出るといわれます。

右回りの渦巻きを身につけていると邪気も正気に転換してくれるのだと、代替療法と氣の我が師匠の片桐啓三博士より。
著書「気は世界をめぐる」↓より


私たち人間も宇宙の一部、底知れぬパワーと治癒力をもっている、だれだって宇宙人だし超能力者なんです。
だからこそ、自分の能力を最大限に生かすにもちゃんと命あるものを食べて、自然に添った生き方をしていることが大切なんです♡

マクロビオティックでいう身土不二。
今は春、生き物は冬眠から目覚め活動しだし、草木は新芽を出し、雪解けがはじまる時期。人間は冬の寒さに耐えるように毛穴を閉じて脂肪を蓄えていたものを、いらないものを排出するのでデトックスがたくさん起きます。

花粉症で鼻水、じんましんや湿疹、発熱する人や怪我などでデトックスも、、、
そんな毒素やいらないものを肝臓さんが解毒するのを助けるよう、春の新芽、山菜、野草、青菜、苦味のものや酸味のものなどをたっぷりたべて、油や動物性食品、乳製品は控えると心身の切り替えがスムーズに快適になります。
そう、からだだけじゃなくて心も緩んでうきうき上昇気流にのれます。

これは春の彩り押し寿しです
この箱、カステラのいただきものの入っていた桐箱(笑)
萌黄色のダブルガーゼで包んで菜の花をかざってみました。こういうのもテーブルを彩る十分なアートになります。
酢飯はりんごの皮ごとすりおろしと梅酢でもち麦入り玄米で、かんぴょう+しいたけ、スナップえんどう+焼きパプリカ、きゅうり+わさびじょうゆのアボガド、卵もどき+グリンピース
砂糖不使用、動物性不使用、グルテンフリー!
市松模様にしたら春爛漫に、、、、
お弁当にもやってみてね☆〜(ゝ。∂)


お母さんからのオンリーワンのビフィズス菌


腸内環境が健康や幸せまで司るといわれ発酵や酵素ブームの今。
乳酸菌入りのチョコレートまであるんでね。
甘酒、味噌、漬物など植物性乳酸菌や麹を外からとることはもちろん有効ですが、私たちの大腸にはおかあさんの乳首からもらうそれぞれのビフィズス菌が大腸にあるんです。

出産後の乳首にでるビフィズス菌を赤ちゃんが吸うと、オキシトシンが生まれるだけでなく、乳糖を栄養に乳酸と酢酸を大量に増殖させて、悪玉菌や腐敗菌を壊滅状態に、、、
善玉菌を増やして病気になりにくい抵抗力をつけてくれるんです。

だから母乳で育つ子は丈夫に、、、!!
ちゃんと母乳で育てることはその子の一生を決めるとても大切な事なのです。

ビフィズス菌を増やすのはオリゴ糖。
オリゴ糖はヤーコン、ごぼう、きな粉、ビーツ、あずき、いんげん、えんどう、菊芋などに含まれています。

お野菜を食物繊維をたっぷりとよく噛んで食べなきゃ。


あなたの食べたものは7代あとまで影響するから、、、

男子だって簡単ベジ料理


今日は男子にベジ料理レクチャー(*^_^*)

最近疲れやすい、という方に、春のデトックスを促し活力が湧く旬のお野菜たっぷりひな祭りがテーマの食卓。

コンビニでもどこでも手に入るものだけで15分でできるベジごはんは、残業あとの男性にも、一人暮らしの女子や忙しいママにも作って欲しいメニュー。

ベジフードデザイナーのわたしのベジ料理は簡単だけど、そう見えない一工夫。それだけで食卓が華やいで嬉しくなるから、、^ ^おいしいは視覚が8割。見て嬉しく心が豊かになれば明日への活力に、、食卓からコミュニケーションが生まれます。

メインの油揚げの生姜焼き風は、油揚げ、ねぎ、玉ねぎ、人参をごま油で炒めてしょうゆと甘酒で味付けるだけなのにめちゃめちゃおいしくてごはんが進むの。

他にも豆乳パックを利用してひし餅風のチラシ寿司のアイデアとか、三色の甘酒プリン、旬の柑橘と塩だけで作る切り干し大根のサラダとか、、どれも簡単でシンプル材料なのにそう思えないおいしさと、見た目。

ベジ料理はじつはシンプルで身近なもの(*^_^*)
ぜひ作ってみてね!
乳製品は自立心を阻害?!


たんかんを使って豆乳レアチーズ。
乳製品はつかわず、無農薬レモンの皮と汁をつかい爽やかなおいしさ!不二製油さんの濃久里夢という豆乳クリームをつかいました。
これが濃厚でやみつきになるおいしさ。特に男性に大好評です。

何千人もの望診をして健康相談を受けている磯貝先生の講座で、「乳製品が抜けないと自立できない=乳ばなれできない」というはなしにビクッ!
決断力をつけるにもスイーツの生クリームやヨーグルトはやめて、スイーツは手作りしたいものです。





私たちの今の状態や体調は、私たちが何を食べているかももちろんですが、本来の体質、すなわちご先祖さまや親がたべてきたもの、受け継いだ生まれ持った体質をよく知った上で、どう調整していくかが大切です。
全てがバランス。バランスさえちゃんとわかればセルフで整えることが、、、

例えば全体的に小さくて行動的で締まっている私は体質は陽性、忙しい生活で狭いオフィスにとじこもっていたらもっと陽性に体調も陽性になり甘いものやコーヒーやアルコールががつっと欲しくなる、、
そういう時にはランチには野菜をたくさんたべ、動物性のものはやめて広い公園の緑のなかで深呼吸してラジオ体操でもするなど、、そうやってバランスをとれば未病ケアできますよね。

花粉症やアレルギーのでやすい春先の今の季節、特に乳製品やたまごは控えたら快適に過ごせます。