プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
たねを守ろう
今日のごはん。
ひき肉ではなくテンペをつかったタコライス。
お子様にも安心なスパイシーでなく優しいミートソース味に仕上げました。テンペは発酵の力で消化吸収もよく味に深みがでるのでとても美味しいくなります。ドライカレーなんかもオススメです!



さて、、今日はこんなごはんにもあんなごはんにも、私たちの口にするもの身につけるもの全てにも影響するタネのお話。

昭和27年の制定から日本の農業を守り続けてきた主要農作物種子法が廃止されました。

一般ピープルには新聞にちょろっと書かれていても自分たちにどう影響するかなんてわからないですよね、、、

でもすごく恐ろしいことで、、農業に企業が参入し遺伝子組換えなどの規制の砦が崩されるということ、、
食育インストラクターの講義で前から違和感をかんじていた農業の六次産業化。
種子法の廃止は「農業競争力強化」で農業者のためや農を守るためと表向きでいいながら、モンサントなど企業の参入でビジネスとして利用されてしまうもの。

種を守る、日本古来の原種や原原種の優良品種を都道府県が管理することができなくなる。

この問題を私たちはちゃんと理解し、口に入れるものをさらに考え、そして守るために自分が何ができるか考えなくてはいけないですよね。

薬、薬、薬、、、
自然からどんどん離れ、自然なものから離れるほどに私たちは病んでいきます。
身土不二、私たちのからだも土も土地も環境もひとつ、だからこそその土地や気候風土にあった種を守り、それをいただくことで私たちの命も培わられる。

すべての源の種。
種を守ろう!
だってわたしたちは土と太陽のエネルギーをたくさん吸った野菜や穀物を食べたら元気に、免疫力もつくのだから。


https://www.google.co.jp/amp/www.mag2.com/p/money/169661/amp

※ピンクコールスローサラダに玄麦(精白されていない外皮と胚芽のついた麦)をのせました。
この子たちはいきているので浸水しておけば芽がでます。

スポンサーサイト
新玉ねぎ


甘くてやわらかい新玉ねぎ。
ことことじっくりちょっぴりのセロリと椎茸昆布の出汁とローリエだけで煮込んでおいしさをだす。
(無農薬なら外皮も一緒に煮込むと、旨味だけでなくケルセチンという血圧を下げたり動脈硬化予防の効果もあります)
柔らかくなったらローリエは出してフープロでガー。
塩をぎりぎり少しで味を整えるだけ。
それだけで本当に贅沢な五臓六腑に染み渡る優しいスープ。

旬のオーガニックのお野菜のそのままの味を味わう。
それが最高の贅沢だな、、と思える。

ピラミッドを建てた人たちがよく食べたと言われている玉ねぎは生でたべるほうが血液さらさら効果は高いけれど、火を通して甘いスープのおいしさは心も緩めてくれます。もちろん豚肉などの消化や蓄積した脂も緩めて流してくれますよ。

しみじみ美味しいもの、噛むほどに美味しいものこそ本物なんだと思う。
ハゴロモジャスミンの風


今年もハゴロモジャスミンが香りを振りまいています。
わたしのところにきて〜!とフェロモン撒き散らしているかの自己顕示、気位の高さを見習わねば、なーんて思ってしまう五月前ですが五月晴れのようや陽気が続いていますね。

ほっこりお便り。名前間違えてるけどね、、、(笑)
"朝寝坊してダメダメ"春だからね、い〜んだよ♡

使わないものはこの大阪の「豊能障害者労働センター」のバザー品として送り続けて早5年くらいたちます。
もともとここのブログにコメントで情報をいただいてから、少しでもお役にたちたいな、、と。
先日、電子辞書やらバッグやら食器やらを送らせていただきました。
障害者の労働斡旋、バザーの売り上げで循環してもらえるのが嬉しい。
こうやってお葉書でお礼が来るんです。


ありがとう♡

皆さんも断捨離などで出る不用品で使えるものはぜひこちらに、、、!
http://www.tumiki.jp/bazar.html
人間食をすること

↑暑いくらいの日差しに、口をパックリ開けてるチューリップたちがなんだかかわいい(笑)
環境や気候、自然のリズムに素直に合わせて生きる植物たちってすごい!
人間は知恵がついた分、頭で考えるから厄介だったりするんですよね。

と、、、
今日は沖先生の教えのこと。

私が生まれるよりも前、1964年の講和より。

不変なること、本質であることを今なお著書などで伝えてくださるヨガの沖正弘先生のお話はすべてが的をついていて、とてもわかりやすく現代のどんな書物よりも胸に突き刺さります。それはたくさんの難病から末期がんの方や精神病の人々を救い、指導してきた沖先生だからこそかたちとして残せた真理なのだと。

これぞ「ヨガ」的生き方であり、「マクロビオティック」的生き方であり、自由で平和で人生を楽しむことができるライフスタイル。まさしく同一なんですよね。。。

伝えていきたいからこの場で書きとめさせていただきます。



「人間食をすること」



人間の食欲には二つの目的がある

1.生存のために食べる

2.人間としての特徴を伸ばし、さらに楽しむために食べる



生存のために食べるのであったら、動物のように食べたいときに食べ、ねむりたいときに眠るのが一番自然な生き方、すなわち正しい食べ方で、この自然な生き方が健康維持の法則でありこの正しい要求能力を開発する方法が断食で、断食後におこる正要求に基づく食物のとり方をしていれば自然に健康を保てるが、これでは動物としてだけの健康体となってしまう。

人間は動物性プラス人間性なのだから、この基本食の上に人間食をする必要があり、このために食物の研究が重要なのである。

人間の特徴は自分で自分を改造できるということ、知性をもっていること、心が特別に発達していること、自発的に適応性を拡大高揚できること、人間的社会生活をしていること等であるから、この特徴に協力できる食べ方の工夫をするのである。



◎動物のように食べたいときに食べる自然ではなく、他との折り合いや生活の秩序にあわせるように要求の出し方を訓練するのである



◎人間の知性が発達し、適応性が拡大した理由の一つは雑食、加工食をして多種多様の味覚および成分刺激をしたことで、人間の体もそのように作られているから。できるだけ多くの食糧を食べる工夫をすることが必要だ。

あまり“べし”“べからず”主義に忠実で、動物式の単食をしていると、頭のほうは発達しないであろうし、その例を数多く見ることができる。

ここで問題になることは、何が自分に毒であるか、不要であるかを知ることである。

それは体質や状態の敵・不適、要・不要が異なるからで、人間食の基本原則は「自分に必要なものを正しく要求する食習慣を身につけること」

だが、理屈、常識、伝統的習慣にだまされている、思い込んでいる誤った食習慣(食癖)から自分を解放しなくてはならない。



人体の特徴は適応性に幅のあることで、たとえばエスキモーのような食べ方をしていても体に適応力ができていれば、ちゃんと必要なものを食べたものだけから補えるように体自身の方が変わってくるのだ。

何か特別なものを自分で決めて選んで、「これが健康にいい」とか「からだに悪い」とか「長寿食」だとか決めてかかるのは誤りだと思う。

食欲を正しく生かして、更に広く適応性と秩序性を育て上げてゆく食べ方が知性ある食べ方だと思う。



1.工夫した食べ方をする必要がある。すなわち必要に応じた食糧を選ぶのである

食物のひとつひとつには独自の性格を持っているから、その成分と刺激の違いを利用して望み通りの自分をつくり、自分になるのである。

天地自然はすべてバランス維持のリズムが働いており、バランスがとれていれば正常=健康なのである。

自律神経「交感神経」「副交感神経」の相反する働きの協調がこのバランスをとっているが、この二神経のどちらかが過剰に働きを続けているときの生じるのが“異常=不健康”であるから、バランスをとるのに協力する食べ方が大切である。

季節や仕事、年齢性別、状態別に応じた食べ物をえらぶ。

例えば、

午前中:睡眠で蓄えられたスタミナはあるが、交感神経とその協力ホルモンの働きを助ける良質のたんぱく質とビタミンの多いものを食べる

午後:分量が少なくてカロリーの高いもの、疲労中和力のあるもの

夜:細胞新生の材料と疲労回復力をもったもの

2.心を養い高めるためにも食べるのが人間食である。

心の働きをつかさどるのが神経とホルモンで、この二者の働きは血の成分によって左右されるのであるから、何をどう食べるかは心にも影響する。

例えば、イライラしている人にはビタミンAとカルシウムを、なまけものにはBとナトリウムを、小心者にはEを、興奮しやすい人にはCとカルシウムを含む食べ物を食べさせると治りが早い。

“こんな自分になりたい”とか“この性格をあらためたい”という願いに協力する食べ物を選べばよいのである。



また、食欲を訓練することは心を訓練することにもなるのだ。断食は意志の強化訓練の効果があがるし、断食中や服飾中には自然に心が澄み切り落ち着くのは食欲中枢と感情中枢と性欲中枢は同じところにあって関係しあっているからである。

すなわち、食欲が乱れると感情も性欲も乱れてくる。心の落ち着いているときは食べ方も整っているし、食べ方を整えると心も整ってくる。食べ過ぎて体をこわし、心を乱すということは動物以下とくことになる。



人間の価値は自由に自分を改造し進化させ、しかもコントロールできるということではないだろうか。


Vegewel style(ベジウェル スタイル)


まずは目から春らしいよもぎのプリンにビーツと豆乳のフォームを乗せて、、
春は軽やかに〜口にするものも緩ませるエアリー感が必要です。

Vegewel styleはヴィーガン、ベジタリアン、マクロビオティックなどヘルシーなライフスタイル提案のメディア。
こちらの記事をマクロビオティックアドバイザー、食育インストラクター、発酵アドバイザーの立場と十余年にわたる多方面からの食の学びから監修、サポートしています。
お店のインタビュー取材もコーディネートし、オーナーさんたちの思いを広めるお手伝いをしています。

ハードルが高い、とか、自分とは別世界と思っているかもしれないみなさんに、ぜひ読んでみて知ってもらいたいものなので、フォローお願いします♪
http://style.vegewel.com/ja/

毎日Facebook記事をアップし続けて3年弱のTokyo Smile Veggiesから一貫して、どこのレストランでもベジタリアンメニューを、多様性の理解を、という思いは変わらず、日々啓蒙活動しています。


先日の自宅料理教室で伝授した羽根つき餃子!動物性不使用だからこその美味しさはヘルシーで簡単なのに目からウロコです。



季節感の表現だって自在でアーティスティック♡
お花畑をイメージしたイースターも意識した卵もどきとおからのサラダの一品です。