プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
ベランダのバジル
ベランダ菜園はじめました
いや、正確にいうとリベンジ菜園です。

過去、青しそやローズマリーで失敗してから、キッチンで人参の頭の切り落としたもので葉を育てたり、豆苗の再生をしたり、といった程度のものしか作っていませんでしたが、野々川尚さんの無農薬栽培のお話とベランダ菜園のセミナーをうけて、リベンジ。

野菜を育てることは土を育て根をしっかりはらせることに尽きるそうです。
鉢の下のほうに肥えた土をいれ、上は養分の少ない土をいれることで、野菜や植物は深く深く根を張り、たくましく強くなるそう。

そうやって聞くと当たり前のことです。人間も植物も同じ。
根=腸が上部でしっかりしていれば免疫も高く、病気も虫もよせつけない。
農薬まみれなのは人間が薬漬けなのと同じで、本当の健康ではないということ。

土の中の細菌がいい菌と悪い菌のバランスでできていて共存しているため、それが崩れたら自然体系も崩れてしまうんです。
人間界だっていろんな人がいて、いろんな個性があって共に生かしあう。

宇宙の摂理、身土不二、といったマクロビオティックの教えもまさに同じで、ものすごく納得いくことです。
視点をいつもこういうところから俯瞰してみていれば、正しい選択ができたり、どうしたらいいかの答えが見えるのかもしれないな、、

なんてベランダ菜園、無農薬農業の話からなんだか本質的な大きなことを気づかされています。

201707171824005d6.jpeg

スポンサーサイト
セミナーで語らせていただきます。
7/21(金)に日本あんしん生活協会の月例セミナーにて、、、語らせていただきます!

テーマは「健康・環境・インバウンド対応のためのベジ食の普及とその必要性~食のバリヤフリー化を目指す」

ベジタリアンになることを強要するのでも勧めるのでもない。
だけれども、少しだけ動物性食品を減らすこと、週一日でもゆるベジな生活をすること、、がなぜいいのか?
そうすることが皆さんにとってもこの世の中にとっても、そして未来にもいいことしかないから伝えたいんです。

日々のTokyo Smile Veggiesの記事としても発信していますが、リクエストがあり苦手な人前ですがお話させていただきます。

今、一緒にやらせていただいている株式会社フレンバシーのVegewelの活動の話とともに、聞いていただいた上で、オーガニック&ヴィーガンの料理を食べていただいたら、きっとまた感じていただけるコトがあるのでは、、、と思っています。
20170711175839572.jpeg

人前に立ってプレゼンするなんて1年前の私には考えられなかったこと。
フリーランスになって試練とチャレンジではありますが、チャンスをいただいていることに感謝です。

21日金曜日の夜、よかったらぜひ聞いてご意見いただいて交流できたらうれしいです。
お時間あればぜひ来てくださいね。

https://www.facebook.com/rlja0/
Vegewelのイメージ写真撮影


ご縁ある渋谷のデイライトキッチンをお借りして、Vegewelのイメージ写真撮影。

ウッドデッキで自然光の中での野菜、果物の自然な色は本当に映えます。

お野菜は自然のアート。
暑い暑い日がつづき、暑さを凌ぎ快適に過ごすには野菜のカリウムによる自然な冷却効果とビタミンやミネラル補給で熱中症にならないようにしてくださいね。






デイライトキッチンはわたしが修行させてもらったステキカフェです。
渋谷セルリアンホテルの裏、駅からも近く、在来種やオーガニックにこだわるやさしく美味しいお料理がいただけるカフェです。

http://www.daylightkitchen.jp/



※お野菜でアレンジメントつくりました!

BOTANIST フラッグシップショップ


7/15に原宿の交差点すぐにオープンする「BOTANIST」の旗艦店のレセプションにいってきました。
このところコスメブランドがヴィーガンメニューをいれたカフェを展開する流れが止まりません。

ボタニストも例外なく、カフェにはスムージー、サラダセットには「Vegan」というネーミングが。
もはや美には切り離せないVegan、トレンドになっていくに違いない、、。


と3年前から粛々と伝えつづけているベジ普及に確信をあらためて、、、

こちらが「BOTANICAL SALAD VEGAN」
見た目も美しく、パンもスープもしっかりVEGAN対応です。これにスムージーの小さなサイズのものがついて1800円は嬉しいですよね。


このキャンディも白砂糖不使用、果汁がほとんど、、買いにいかなくちゃ!
他にもオリジナルのスムージーのパウダーもありました。


都心に癒しのカフェ、どんどん増えますように。


BOTANIST Tokyoホームページ
http://botanistofficial.com/news/%E3%83%9B%E3%82%99%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B0%82%E9%96%80%E5%BA%97%E3%80%8Cbotanist-tokyo%E3%80%8D-2017%E5%B9%B47/
わたしだけカスタマイズ
物欲、行動欲のない若者たち。

うーん、もったいない!!
時間×お金×若さがあれば、なんだってできる。
持て余してるなら、今この瞬間気になることを見つけてチャレンジしてほしいと心から思う。

すこーしでも心がおどったりワクワクする感覚をみつめてみてほしい。
(お料理とかヨガだったら相談のります)

で、そんな若者たちが「オリジナルなカスタマイズ」には興味をしめすそう。そしてそれをアレンジしてインスタにあげる。というのが前提らしいですが。
自分ブレンド、自分だけ。
商品のマーケティング、打ち出しにもこれをいれてみると良い。

ちなみに料理はアート、自分がでます。オリジナルなものは無限に、、、。

今日はみかんのゼリーにほんのりジンジャー。
上には発泡日本酒と甘夏酵素にレモン絞ってgeléeにしてかけました。甘夏の皮の甜菜糖煮をのせて。
フラワーアレンジメントはグリーンをあつめて涼やかに♪

むしむしじめじめにも爽やかなスイーツです。
これからの季節、オーブンで焼くものよりこういうクールデザートがからだをゆるめて体内からも涼しくしてくれます。
寒天と葛なのでお腹を冷やすこともない優しいデザートです。


しかし、、、
無欲、これも白砂糖と添加物の陰性の影響なんだろうな。




http://top.tsite.jp/news/table/i/35936415/