プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
パプリカとかぶのポタージュ
師走にはいりました。
スープや汁物がほしくなる寒さ、、、
市販のスープは添加物や塩分がすごいから手作りしたいですよね。




ことこと重ね煮したかぶと玉ねぎ、ジャガイモ、そしてパプリカをポタージュスープに。
ほんのチョッピリの豆乳と、白味噌と塩胡椒でほんわか美味しいスープ。
かわいいピンク色はテンションあがります。

パプリカのカップがかわいいでしょ?!
スポンサーサイト
根菜グラッセ
立冬も過ぎ、日もかなり短くひたひた冬へ向かっていますね。

土の中でじっと育つ根菜は力強く、そして忍耐力をもつお野菜。
腎臓、膀胱、生殖器が冷えやすくなるので、そんな根菜パワーをいただいて元気に過ごしたいですね。

今の人たちは窮屈な中でストレスにさらされて仕事をしていて、特に都会の人がいっぱいでせわしない陽性な空間に暮らす人たちには根菜の陽性さが美味しくなく感じる人も、、、
ニュートラルに想像して「おいしそう」と思わないときは身体が欲していない証拠だったりします。

そんな方にもおすすめな根菜のグラッセ

お好みの酢とオリーブオイル、米飴と粒胡椒で煮ると爽やかな甘さで根菜の土臭い感じもとれ、ライトに食べられます。

ごぼうはご存知便秘解消、腸をきれいに、強力な体内浄化パワーをもっています。
菊芋はイヌリンという糖尿病によい成分が豊富、ぉちらも現代人にはとってもよい食材です。
胡椒は動物性の毒消しに、酢はお肉を柔らかくするように余分に体内蓄積している動物性たんぱく質の排出のお手伝いをしてくれますよ♪

★ごぼうと菊芋のグラッセ

(材料)
ごぼう 1/2本
菊芋 5〜6個

A.
しいたけ昆布だし 2カップ
米飴 大さじ2
酢(今回はりんご酢大さじ1、梅酢大さじ1を使いました。バルサミコ酢などでも、、、)大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
粒胡椒 小さじ1
塩 小さじ1(梅酢を使う場合は味を見て加減する)

お好みでローズマリーやパセリなどハーブ 少々

(作り方)
1鍋にAの調味料をいれてごぼうを並べて火をつけ、沸騰したら弱火にして落としぶたをして10分ほど煮る。
2. 菊芋も加え鍋の蓋をしてさらに10分煮る
3.蓋をあけて残っている水分がほぼなくなるまで飛ばすように煮る




秋の夏野菜の食べ方
夏野菜は秋のお彼岸を過ぎたら、冷えを考えて控えたいもの。
きゅうり、トマト、ナスなどはサラダや生食は身体を中から冷やします。

食べるときには一工夫。

火を通す
干す
漬ける
味噌などと調理する



写真はきゅうりの自家製キューちゃん
火を通し醤油に漬け込むことで陽性化します




こちらは焼き茄子の赤だし味噌汁
アルミホイルに包んで魚焼きグリルで両面10分程焼くと、皮もスルリと剥けて旨味の凝縮した焼き茄子ができます。
八丁味噌もあわせたお味噌汁はじんわり身体に染み渡ります。
八丁味噌は作るときに一切水を入れずものすごい重石をして圧をかけて作られるため、陽性が強いので冷え予防には最高です!

じぶんのために


自分だけのためにお昼ごはんをつくる
そんな休日は久しぶり。
じぶんのためにだから簡単でヘルシーできれいになれるレシピを、、

ミニマムカロリーなしらたきの秋のきのこパスタ
今しか食べれない生落花生を茹でたものも乗せて。
腸の大掃除パスタです

【材料】2人分
玉ねぎの回し切り 1/2個
まいたけ 1パック
エリンギ 一本
しめじ 1/2バック
・・・・冷蔵庫にあるきのこ なんでもOK

しらたき 1袋

オリーブオイル 大さじ1
塩 適量
醤油 大さじ2.5
日本酒 大さじ€
コショウ 少々
にんにくみじんぎり 1/2かけ
生姜みじん切り 1/2かけ
お好みで柚子胡椒

あればヴィーガンバターまたはココナッツオイル小さじ1/2

大根おろし たっぷり
大葉またはバジルやカイワレ 飾り兼薬味用

【作り方】
①しらたきは塩をいれたお湯で湯通ししておく

②フライパンにオリーブ油をあたためにんにく、生姜を入れて焦げないように香り立たせる

③玉ねぎをいれ塩を軽くふり炒めすこし表面が馴染んだら、きのこをいれ更に振り塩して炒める。

④日本酒をいれて中強火で飛ばし、醤油をいれ最後にヴィーガンバターまたはココナッツオイルをいれる

⑤茹でたしらたきをいれて混ぜ、柚子胡椒を耳かき1杯分いれてなじませ、皿にうつす

⑥大根おろしと大葉の千切りまたはバジルを載せる
海苔をのせてもよい


※今回バジル茹でた落花生をかざりました

サイドディッシュにはトマトとマスカットのバルサミコサラダをそえて、、、
切った小トマト3個、マスカット3粒、ホーリーバジルひとつかみ、バルサミコ大さじ1. 塩小さじ1 コショウ少々 オリーブ油大さじ1 レモン果汁小さじ1. リンゴ酢小さじ1を混ぜ合わせるだけ。

じぶんのためより、、やはり誰かのために料理はつくりたい、、、な。

のこりのシルバーウイークを楽しんでくださいね。

西瓜とかいてすいか!


連日暑いです。いつになくスイカが美味しく感じるのはわたしだけではないはず。

スイカ、、カブトムシのイメージで水分と糖分だけじゃん!とあまり好んで食べてこなかったのですが、、利尿作用だけでなく、血流促進、新陳代謝アップ、糖質や脂質の分解酵素まであるんですって!
http://matome.naver.jp/m/odai/2136021174583136601

すこーし塩をふってたべればスポーツドリンクより効果ありだそう。

なぜにスイカかと?土用の丑の日でマヤ暦の大晦日に高熱をだしたわたし、、2日の断食を強いられ、汗と毒素だしまくりなのに水いつもならのりんごジュースも美味しくかんじない。
そこでスイカに助けられ、1日半でケロリと元気になったわです。

今年はとにかく暑い夏です。
マクロビオティックでも旬のその土地でとれる果物、野菜は命を養い体調を整えるといいます。
スイカの恩恵に授かり夏ばてせぬようお過ごしください!
なんと、、スイカはハゲ防止や精力強化にもなるとか?!


抹茶の玄米甘酒ぷりんに三年番茶のカクテル寒天


桃の冷製スープパスタ 米粉麺で。

からだのほてりをクールダウンしてくれるメニューです