プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
つけるものだって食べて死なないもの
マクロビオティックライフも長くなると、五感が研ぎ澄まされるに伴い、より鼻も敏感に、、、
人工的な匂いに過敏になっていて結構困ることもあります。
電車やヨガスタジオなどで柔軟剤、香水の類が辛くなることが。

経皮毒、というように私たちの体は全身で呼吸していて毛穴からも髪からも吸収、代謝がされています。
だって肉体だって素粒子の集合体でちいさなちいさな細胞がぜーんぶ生命体だから。

心してなるべく自然なもの、口に入れても問題ないものをチョイスすれば体も喜ぶはずだしいらないものは溜め込まなくてすむ。

たとえば、、、
3年前くらいからカラーリングはやめてヘナにしています。
草の色素と成分で染まるから、畳のような草の匂い。もちろん頭皮にすりこむことでよりトリートメント効果があり、肝臓や子宮のデトックスにもなります。
最近、ナイヤードのヘナから、時短で1時間でオレンジっぽく染まるこのmumsに変えました。
これはむすびの会の岡部賢二先生の推奨するヘナ。




それから、ヘアワックス。
髪に整髪料系を使うのは苦手なわたしが愛用するから、そのテクスチャーも香りも抜群だと思います。
このPRODUCTのオーガニックのワックスはリップバームとしても使える天然素材のみでできたもので最近のヒットコスメです。
毛先に動きをつけたいときにも、落ち着かせたいときも小ぶりサイズなので持ち歩きにも便利です。
つけたあとの手は保湿にお肌にすりこんで一石二鳥!
ロフトとかで2000円弱で買えます。
http://www.theproduct.jp/hairwax.html




香りもほのかにマンダリンオレンジの精油の香り。
ほんのちょっぴり高いけどダマスクローズの精油入りもあります。


スポンサーサイト
待ってましたの”マクロシュガー”
世界初!!
その名も「マクロシュガー」
マクロシュガービスコッティ (1)

発芽玄米のパイオニアの加藤農園さんがやってくれました。
もち米の発芽玄米を麦芽で糖化(ようするに米あめのもとで、玄米の皮や胚芽などまるごと使ったもの)した画期的な甘味。

どこをみてもあまーいスイーツがあふれかえる今、そして味覚の好みの傾向もどんどんと甘くなっていて、料理やお惣菜にもたっぷりの白砂糖がはいっているものばかり。
そんなとき、振り返ってみてほしいのはむかしはどうだったか?白砂糖は高級品で年に数回のご褒美。

雑誌GOETHEの「死なないからだを手に入れろ!」という特集に”、世界No.1執事が教える大富豪の秘密の健康法”というのが載っていて、そのひとつに
「100年前になかったものは召し上がりません」というのがあった。
自然界にあるものだけで料理をつくってほしい、、、との注文だそうで、これを基準に食べていたら確かに安全だろうな、、、、と思いませんか?
合成着色料、化学調味料、農薬、化学肥料は使わず、自分の暮らす土地で作られたもの。

だけれども日本という海で囲まれた島国、そして東京という狭いところに色々なものがぎゅーーっと詰まった土地、日々忙しく窮屈に生きる生活、、緑や自然が少ないところで暮らすほどに甘いののの極陰性な力で緩めなくては苦しくなってやってられない!!という状況になるのも私自身も実体験からよくわかっているので、みなさんの「チョコレートがやめられない」という声もすごくわかります。

食べては罪悪感を感じる、、そんな気持ちにならずにすむこの「マクロシュガービスコッティ」
なんとベイク(オーブンで焼いてない)していないんです!!!
焼いていないということは老化物質となるコゲ物質も少なく、すい臓負担も少ない。
そしてアンチエイジングの敵、シミやくすみ、たるみの原因でもある糖化を防ぐ(糖化とは、食べた糖質が肌の内部にあるたんぱく質と結合してAGEという茶褐色のコゲ成分が作られること)。
油も不使用だから酸化も少ないという嬉しいことづくめ。

加藤農園さんがもともと発芽玄米ごはんをつかった発芽玄米まんじゅうが看板商品であり、工場にオーブンがなかったことから生まれたこのビスコッティ、蒸してそのまま余熱で乾かしてできているんです。


糖の吸収が緩やかで血糖値を急上昇させない、玄米をまるごと使っているのでおだやかで糖の吸収率も低い、そしてビタミンE、食物繊維、ミネラル、良質なタンパク質も豊富、低カロリー。

もちろんガツンとした甘みはないけれど、噛むほどにおいしさが広がる、、噛むことでストレスも解消し、満腹感もでて、画期的おやつ。

罪悪感0のヘルシースイーツ。
美や健康を気にする誰しもの救世主じゃないですか??
これからブレイク間違いなしです。
ぜひコンビニでもどこでも買えるようになりますように!

※加藤農園さんの発芽玄米のキャベツまんじゅうも私の大好物です。




マクロシュガー、こちらははと麦粉を混ぜて作ったものだそう。甘味としてもこれから販売を検討中だそう。


加藤農園ホームページ
http://www.hatuga.com/

マクロシュガーパンも蒸してその余熱だけで焼いた(乾かした)もの。腸にもやさしい。

美のミネラル"ケイ素"パワー
地球上で酸素に次いで二番目に多いミネラルのケイ素。
ご存知ですか??

今まではあまり注目されない、というか馴染みのないものでしたが、これが健康にも美容にもアンチエイジングにも、、、はたまたガンなどの撲滅や未病ケアなどにも大きな糸口になるであろうと言われています。
その市場はなんと150億円規模に広がっているのだとか。

ケイ素はもともと土壌にあるもので、土の中、岩石、粘土などに含まれていて、野菜や穀類、水、塩などに当たり前に入っておりそれが私たちの体内にはいって、血液中のソマチッドを元気にし血液をきれいに流れをよくしてくれているんです。

体内のケイ素は歳をとると減っていってしまい、よ り食べ物からとりたいものですか、問題なのは環境破壊、農薬などによる土壌の汚染などからケイ素が減っていて、野菜などに含まれるケイ素も少なくなってしまっているんだそうです。
それにより、病気の人が増加しているとも言われます。

そんなこれからの時代の救世主にもなるであろうケイ素。
足りないものはこの「シリカエナジー」を毎日数滴ずつでいいので飲むといい、というので初めています。
点眼しても、切り傷にたらしても、もちろん顔に塗っても、再生能力や治癒力が上がるそう。
ケイ素はシリカ、水晶、麦飯石などにも含まれていて、アクセサリーなどで身につけるのも効果があるそうです。

この原石は枕元とかに置くと夜中の細胞の生まれ変わるゴールデンタイムの代謝をサポートしてくれたり、安眠も誘ってくれます







ケイ素は、食べ物ならまっすぐ伸びるもの、今の季節ならたけのこ、つくし、スギナ、青梗菜、よもぎ、土の中にできるレンコンなどに多く含まれます。

やっぱり健康の源と最高の美容液はいい土で育つ野菜なんだ!
みりん、発酵。


みりん粕ってご存知ですか?

今の時期(もうすぐおわり、、)だけのお楽しみ。
みりんを絞ったあとの粕で酒粕の甘い版。
もち米、米麹、焼酎のみで発酵させて作るみりん粕は甘みと美味しさがギュギュっと詰まった発酵食品。
この有機三洲三河みりんの粕、そのまま食べても美味しいけど、スイーツに使うとさらに美味しい。

ケーキに入れればふわっとする、トッピングにすれば美味しいクランブルに。



これはココナッツクリームとお豆腐でつくったアイスクリームに山葡萄のソースと一緒にトッピング

これでプリンつくっても美味しいだろうな。

濃厚でミルキーなおいしさの豆腐とココナッツクリームのヴィーガンアイスクリームのつくり方は「ケノコト」にて紹介させていただいています!↓
http://kenokoto.jp/15083




みりん粕はビタミンBが豊富で、善玉菌がたっぷり、みりんには照りや甘み旨みをだすためだけでなく、食材の煮崩れを防ぎ、臭みをとってくれる役目もあります。
そして肥満防止効果も!

みりんを小鍋にいれて沸騰したら弱火で煮詰めた「煮切りみりん」は、つくっておくとスイーツにも使えたり、モヒートなどドリンクの甘みに使ったりと便利ですよ!

みりん粕、みかけたら即買いで!
バンブーヨガ用ソックス
おすすめのヘルシー靴下みつけました!!

バンブー健康靴下


ありそーでなかったこれは優れもの。
竹の繊維が波動も整えてくれて抜群の消臭効果。
そして足指の間の水かきの部分のツボ、八風を刺激することで冷え性防止や外反母趾の予防にもなります
タイツの下の重ねばきにも見た目響かないのでおすすめです

願わくば、ヘンプもいれてくれたらさらにパワフルになりそう(^-^)


もちろんヨガのときは滑り止めもついていて足指を広げられるので実用的です。

足元から冷えをとって温活、美活、足指を広げて使うことで体幹もしっかり軸をとれます!