プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
大豆ミート七変化

ハンバーグはハンバーグでもお肉は使っていないんですよ、これ。

ベジタリアンガイドとメディアを運営する『Vegewel』の委託で、ベジフードデザイナーとしてベジミートの様々なタイプをつかった試食会にて調理しました。

ベジミートとは大豆たんぱくで作るお肉もどき。
唐揚げタイプ、ミンチタイプ、フィレタイプ、薄切りなどいろいろな形のものがあり、自在に使え、カロリーはお肉の半分、乾物なので常温保存が一年近くできるという優れものな食材です。
そして油っぽくない、お肉の臭みもないから本当においしい。



下処理のコツさえ掴めば誰にでもできて、それぞれのオリジナルなものが作れるので是非チャレンジしてみてくださいね。




当日のレポートはこちら↓
http://style.vegewel.com/ja/vege-meat-tasting/

こちらは豆乳チーズソースとろーりのハンバーグ


棒棒鶏ソースのからあげ
もちろんソースも動物性不使用の無添加です。


牛丼風!!
紅生姜も梅酢で手作りしたもの


スイートチリソースのからあげ
旬野菜の菜の花をたっぷり飾ってます。


ベジミートを使えば飲食店でもベジタリアンメニューが簡単に増やせ、健康や美を気にする女性や、海外からのベジタリアンゲストたちをお店に呼べます。そして、家庭でも家族の健康管理にミートフリーな1日を作り『これお肉つかってないんだよ』『ワオ!』な会話が生まれて盛り上がること間違いなしです^ ^

※ベジウェルで、私はベジメニュープロデュースとコンサルタントをさせていただいています。
ご興味のある方はご連絡ください!
http://style.vegewel.com/ja/restaurant-owner/



スポンサーサイト
Vegewel style(ベジウェルスタイル)
ベジタリアンレストランガイドの「Vegewel」ベジウェル
ベジタリアン対応メニューの普及と情報メディアとしても構築に携わってます。

日本の各県の名産、特産品の記事について、ライティングはフードコーディネーター仲間にお願いしていますが、わたしも野菜の特性や民間療法やマクロビオティックのお手当のこと、料理の部分を監修させていただいています。

なので日本人がよんでもへ〜っ!!というとても濃くてためになる内容になっていますので、ぜひぜひ読んでみてくださいね。

http://style.vegewel.com/ja/



こちらはオマケの男子もよろこぶベジ餃子(*^_^*)


大寒!
昨日は大寒❄️
雪がちらほら、一年で一番さむいという大寒らしいお天気でしたね。
今日は打って変わり穏やかでホッ。

冬の土用は胃が弱るだけでなく冷えで腎臓機能も低下します。人が亡くなったり体調をくずすとき。
腎臓を痛めつけるのは濾過機能を低下させる飲むあぶの乳製品、牛乳。そして甘いもの、動物性。この時期は特に気をつけてくださいね。

少食でよく噛んで、、、をいつも以上に一緒に気をつけましょう!

あ、今年の恵方は北北西。節分から6日以内にその方向の神社仏閣などパワースポットにいくといいそうですよ。


今日はイベントのためにちょっびり早い七宝玄米恵方巻きをつくりました!
テンペの照り焼き、卵もどき、小松菜、大葉、にんじん、アボガド、手作り紅しょうが。
海苔のカルシウムや鉄分も加わり完全栄養バランスです!

素晴らしいヨガワークショップ
1/14.15で行われたインドのタヌーヴァルマ博士を招いてのワークショップ、想像していたより遥かに素晴らしい実り多きものとなりました。

マントラのパワーは素晴らしく二日間参加された方は認知症で耳の遠いお母様が改善したり、会いたかった人に帰り道ばったり会ったりと既にミラクルが、、、!!

こちらは1日目のマントラライブ付きディナー

マントラについての詳しい説明と一緒に歌うことでいい波動がいっぱい。
ライブのあとは美味しいスペシャルなベジディナーにみなさん大満足でした。

翌日は半日みっちりのヨガワークショップ。何千年もの歴史のあるヨガ発祥の地の貴重な教え。




生きていく上でのヤマ(禁戒=してはならないこと)、二ヤマ(勧戒=すべきこと)
病気の8割はメンタルから、、身体的、社会的、精神的、霊的にバランスのとれた本物の健康を手に入れるために瞑想、アサナ、マントラ、ムドラなどを取り入れることはとても素晴らしいことです。





スピリチュアルで人の心の読めるタヌー博士はそれぞれの人に気を送り癒してくれました。
それゆえ、瞑想のときにみなさんそれぞれの不思議な体験をしていたそうです。

まだまだ奥深いインドのヨガの教え、また来日の際にはぜひ東京に指導に、、とお願いしました。

それにしてもみなさんの笑顔と顔の輝きに不要なものの解脱をしたこと、ステージがアップしたことが伺え本当によかったです。

提供させていただいたベジのスイーツ、前菜、そしてワークショップのときの軽食ともにみなさんに喜んでいただけて本当にうれしかったです。

二日間の諸経費を除いた収益はタヌー博士の運営するインドの教育NGO法人の資金にあてていただきます。↓↓
日本という飽食で豊かな国にはわからない、食べれないことで飢えが身近にあるインドでは、持てる者が分け与えわかちあうという精神から断食も生まれたそう。改めてエゴが生む問題についても考えさせられました

衣育食育住育カフェ!
ここ1年お手伝いしている#衣育食育住育カフェのご紹介です。

ここでしか言えないことがある。
2012年12月より三次元から五次元に入ったと言われる現代、それまでの戦い、勝負、上下という価値観からシフトし、和を尊び協調性の時代と言われます。

そんな中
衣食住の気づきを築く。
毎回素晴らしいゲストをお迎えし、素敵な気づきの場としています。

ここでしか言えないことがある。
2012年12月より三次元から五次元に入ったと言われる現代、それまでの戦い、勝負、上下という価値観からシフトし、和を尊び協調性の時代と言われます。

そんな中
衣食住の気づきを築く。
毎回素晴らしいゲストをお迎えし、素敵な気づきの場としています。

知る、気づきを得る、楽しむ、つながる、、、
そんなコミュニティです。
発信もどんどんして自分発見になってもらえる場所です。

「 ここでしか言えないことがある。
2012年12月より三次元から五次元に入ったと言われる現代、それまでの戦い、勝負、上下という価値観からシフトし、和を尊び協調性の時代と言われます。

そんな中
衣食住の気づきを築く。
毎回素晴らしいゲストをお迎えし、素敵な気づきの場としています。 」

あー、なんだこんな生き方や考え方もあるのか、え?そうだったの?!というあんなこんな発見もあります。2000円でオーガニックのヴィーガン軽食つきなのも利益追随のイベントでないから。

ぜひ一度遊びにきてくださいね。
わたしは食育担当として、そして軽食やスイーツも提供してます。

Facebookで衣育食育住育カフェで検索、フォローしてください♡
次回は、1/21土曜日、三茶から山梨の北杜市にご家族で移住したライターさんであり、「愛と胃袋」というレストランの経営者さんのお話です!聞かなきゃ損。

https://www.facebook.com/events/1390182767682360/