プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
やっぱ味噌汁でしょ
やっぱり健康にもダイエットにも冷えにも、基本は日本のソウルフード、お味噌汁!

米麹の味噌よりすこしあとに仕込んだ麦味噌がいい感じにできあがりました。
米麹のものより、麦のほうがあまい香りがします。
そして麦のほうがお米よりすこし身体を締める陽性が弱いため、肉食過多で日常生活をせわしなく緊張が多い社会で生きる現代人には麦味噌のほうがからだにやさしかったりします。
特に夏は麦味噌でね!
base

我が家の出汁は、干し椎茸と昆布を別々に、100均一のタッパーにいれて浄水をいれて丸一日出したものをベースにしています。
これ、簡単でとってもやさしく甘くおいしーーいお出汁がでます。
出汁は2-3回繰り返し出せて、だしをとったあとの昆布や椎茸は刻んで料理にいれちゃえます。

ときどきは玉ねぎの皮だったり、切干大根だったりで
バリエーションをつけたり、、

お弁当にはちっちゃいタッパーに、乾燥わかめや干し野菜と味噌を二種類いれていけば、具からだしがでるのでお湯をいれるだけでおいしいお味噌汁がちゃちゃっとできちゃいますよ~

味噌は生きた麹の酵素(からだによい微生物)が消化吸収を助け、腸内環境を整えてくれる日本古来からの伝統食です。日本の気候風土にもっとも適しているから、昨今流行の酵素ドリンクやローフードよりもやっぱり日本人には合っているのは絶対です。

味噌はご存知の畑のお肉と別名言われる、高たんぱく低脂肪、ビタミン、イソフラボン、鉄分、カルシウムなど栄養素がいっぱいつまった大豆をベースに、お米や麦を麹菌で発酵させた麹に自然のいいお塩だけで熟成するものです。
麹菌は日本で古くからお酒や味噌、醤油などに使われてきた「ニホンコウジカビ」といい、学名はアスペルギルス・オリゼーというそう。麹菌を蒸した米や麦などに増殖させたものが麹(米麹、麦麹)といわれます。


今日は家庭菜園のじゃがいもと小松菜に、薬味はネギ、米味噌と麦味噌を半分半分いれたお味噌汁です。
soy_soup

生きた酵素で腸をきれいにして、美肌にもダイエットにもカゼ予防にも、毎日の一杯のお味噌汁を♪
スポンサーサイト