プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
自然栽培米ごはん
今日のスペシャルなメインディッシュは、先日の木村秋則さんの講演会でいただいた、木村さん指導の下で自然栽培された宮城県加美町のお米のごはん。
JA加美よつばでは、2006年から自然栽培農法による究極の安全・安心米づくりを行っています。

特別なお米だもん、もちろん炊飯器ではなくガスで炊きました。

ぴっかぴかの艶のあるごはん。
これが今夜のメインに決定。!!!
甘くて、甘すぎるくらい甘いごはんはおかず不要でした。
kimuramai_20130324212250.jpg

【今日のごはん】
ひえ入り白米ごはん(木村さん指導の自然栽培米!)
大豆ミートとトマトと舞茸の麻婆茄子
れんこんのハーブ焼き
紅芯大根の浅漬け
人参の甘麹ラペ、カレンズとくるみ入り
小松菜と里芋の味噌汁


**自然栽培米ができるまでの一年の作業**

1~2月  育苗土作り
      もみがらを粉砕し、米ぬかと水を混ぜて時々切り返しをしながら発行させる(60度くらいになる)
→これって酵素風呂ですね~。稲の苗も酵素風呂で育つんだ!

3月    種の泥消毒、水漬け 
     ①種もみの消毒・・消毒は田んぼからとった泥を混ぜることで自然の微生物が悪い菌を食べてくれるん だそう(通常は農薬を使用)

      ②きれいに洗い、水漬けして10日ほどで芽が出る

4月    種まき、育苗  
      ハウスに平置きする、通路を作らないのは踏んでも大丈夫な強い苗だから、、、

      田起こし
      粗く田んぼの土を起こす

5月    代掻き、田植え
      田んぼに水をたくさん張って表面を機械で混ぜてから苗を植える

6月    除草  
      ここで除草剤を使わずに、チェーンで雑草をかきとる除草機や竹箒を改造した除草機などで除草
      
7月    稲の生育を見守り、生き物調査
      田んぼの上にくもの巣が張っていると中には沢山の生物がいる証拠で、自然の共存が行われている。

8月    出穂はじまり 
     ※自然栽培の稲の根は他の二倍以上ある(土からの養分を自ら沢山とるための自然の生態変化)

9月    豊かな実り

10月   稲刈り 
     刈り取った稲はハザ掛けで天日で自然乾燥

こんな行程を経てできた愛情たっぷりの自然米だもの、おいしいに決まっていますよね。
作ってくださった人に感謝です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1195-65e62bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)