プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
リマ・マクロビまつり
リマの東北沢本店でのリマ夏マクロビ祭り♪の日(だったのは偶然ですが、、)

午前中は、以前望診をしていただいたガンや難病の人を何百人もみてきている人助け救世主の磯貝昌寛先生の正食医学講座に参加
そして午後は森山幹麗先生のマクロビオティックヨガ(といっても流派のおなじ沖ヨガです)に。

ランチはおまつり出店していた「ぶなの木テーブル」さんのやきそばとひよこ豆フムス2種のピタサンドと柿ソースのココナッツブラマンジェににんじんとレーズンの蒸しケーキ
いや~、おいしいぃ。
パン教室もぜひ行ってみたいです。
image_2013082422284801f.jpg

で、講座について
正食医学講座の今月のテーマ「肌トラブルと臓器、食物の関係」
こちらについては別途シェアいたします。


ヨガは「瞑想・呼吸法からアサナを学ぶ&社会貢献について」
アサナは鋤のポーズ、逆逆立ちのポーズ(どちらも地球の引力と重力や年齢とともに下垂した内臓の位置を正常にし、首凝り、背中と腹の贅肉をとり、甲状腺ホルモンの分泌促進、若返りのポーズです)
image_2013082422284942e.jpg
エアコンを完全にとめて窓をあけてのヨガ、毛穴を開き浄化になりました。
瞑想の45分、そして社会貢献と自分のこれからについてのシェアなど、いつもと違う世界観を味わえました。
森山先生はリマの師範、大森英櫻正食医学講座、龍村ヨガ&呼吸法指導者、など深い学びのある方で、千葉の東金で「くつろぎ工房」を主宰されています。

呼吸は生命のリズムで細胞の唯一の栄養です。食事は数日摂らなくても、肉体的・精神的に障害があるときでも呼吸さえしていれば生きていけます。この呼吸は自分でコントロールできるものだから、そうすることで心とからだが調和し、日常生活で生きかたすらコントロールできるといいます。
image_20130824222851754.jpg

先日、会社の人が過呼吸で救急車で運ばれたとき、吸うと吐くのバランスが崩れるだけで人間は手足がしびれてたり体温がさがったりしてしまうことを目の当たりにし、改めてヨガで行う呼吸法の学びがどんなに大切かを気づかされました。

呼気=吐く呼吸は筋肉をゆるめ、副交感神経を優位にリラックスさせ、落ち着く・・笑うという行為は吐くため緩めるえ陰性のエネルギーを体内にとりこめます。
逆に、泣くという行為はすすりあげるように、吸うこと=緊張、興奮で交感神経を高めます。

来年CI協会=リマクッキングスクールは池尻の100坪を超えるビルに移転するのだそうです。
会社からちかくなると気軽にいい食材や自然食品も買えるし、カフェやワンデークラスも気軽にいけるかな?楽しみです♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1522-0c115cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)