プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倖せって何?
201310142122153ad.jpg

初参加のクシ・リーダーシップアカデミー、久司先生のマクロビオティックアドバイザー向けセミナーにいってまいりました。
参加するまで、講演会とおなじように聞くだけ、、と思い込んでいたのですが、ディスカッションや意見を述べる場も多い参加型のセミナーで、そして目の前で久司先生にお会いできて感動でした。
90歳近いとは思えない頭の切れ、達筆さ、立って講義をされるお姿は凛として素晴らしい。
参加しているアドバイザーの仲間もこのために、高知や大阪など遠方からいらしているかたも、、

しょっぱな”自分でどのようにマクロビオティックを実践しているか?””周囲、地域、社会にどうアプローチしているか”と自己紹介を兼ねてマイクで語ることに、、心臓とびでそうでした。
皆様、志も高く、それぞれが真摯に活動されて実践されているかたばかり、刺激をうけました。
中にはガンで臓器が5つない、胃も腸もない、、とおっしゃり余命宣告されながらも西洋医学を断ちマクロビオティックで病魔と闘っている方も参加されていました。

先生のお話からのシェアです。


マクロビオティックとは、健康法、食べ方のひとつと考えている人が多いが、本来人類があるべき姿、人間として歩む道、宇宙の無限なる動きの道であり、生命の実践・私たちの存在そのものがマクロビオティックである。

本来は、本能でマクロビオティックを知っており無意識にそれを行っている。
それがまさに陰陽の原理なのである。
たとえば、、
しょっぱいものを食べたら水を飲む
左足を出したら右足を出す
立って動いて夜は横になって寝る。
上あごと下あごをあわせて噛む
・・・といったように総ての動作、ものの考え方に陰陽のマクロビオティックを行っている。

現代社会ではお金を沢山持ち、権力を持ち、上に立つことが幸せだと学校教育でも教わり、だれしもがそう勘違いしている。
しかし、本当の幸福はなにか?幸せとはなにか?自分なりの倖せの定義をみつけること。
生命とは何か?自分は何か知らない=無知を自覚すること

人間は食べたもので細胞も筋肉もできており、酸素を吸ってそれを燃やし体温を保っている。
それが一人一人のまわりで炎=オーロラ=オーラとなっている。
当然、肉やアルコール、香辛料、砂糖を摂ると、炎は荒々しく激しく燃えて体温や血圧も高くなり、心も乱れる。
だから、静かに燃える穀物や野菜を食べて、穏やかに燃えれば穏やかな平和な心でいられる。
食べ物と血液と体と心は同じであり、波動、動作、言葉となってあらわれる

近代において病気は悪いものと思われるが、自分の行いが道から外れているから、乱れた食から、変なものが出てくる、これが病気である。
何故なのか?なんでこうなったのか?と原因を常に考えることが大切で、薬で症状を抑えるのではなく、病気とむき合うこと。正しい食べ方で病気も精神病も治る。
周りには題材となるものがたくさん転がっているので、常に疑問をもち、原因や対処を考える修練をするようにとの教えでした。

そしてアドバイザーとしてのアドバイスをするときの心得を伝授してくださいました。

とても有意義な時間、参加できたことに感謝です。

日々学び、実践します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1609-360340ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。