プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
春キャベツで緩めよう
多分生まれついて(両親の食べてきたものや体質の影響もあり)陽性なわたし。
小さくて、締まっていて全体に小作り、なんでもスピーディ=動きもしゃべるのも。そして常に動いていて働き者。

そんな私、マクロビオティックを始める前までとにかく肩こりもひどく、今よりもっともっとストイックで頑張りやで、、、いつも苦しかったな。
そんな心とからだを緩めるのに常に甘いお菓子たべていたもん。

食を変え、生活を変え、5年がたち、今ではかなり変わったけれど、それでももともとの体質気質は抜けないので、仕事してたり、ストレスがかかったりするとすぐに緊張し心身が固くなります。
そこにきて、時々お肉やお魚や味付けの濃い普通の料理をお付き合いで食べると、、、
甘くてやわらかい春キャベツ

キャベツ

春キャベツはふわっと心とからだを緩め、脳神経の働きも助けてくれます。
ストレスによる負荷がダイレクトに悲しみのエネルギーがたまるという胃。
この胃の弱い人が多い昨今、キャベジンの成分でもあるビタミンUは胃や十二指腸の粘膜を丈夫にし、潰瘍を防止乳房の病にも良い食材です。

春にはキャベツ、生や浅漬け、プレスサラダなどにして沢山たべよう。

他にも、、、締まりやすくて窮屈になって甘いものやお酒などをたくさんほしくなっちゃう人に。
私の体験上、ふわっと楽になる方法↓

・ストレートの国産果物のジュースやスムージーを飲む(×濃縮還元果汁=これは加糖しています)
・旬のフルーツ、青菜、生のセロリや大根、にんじん、きのこなどを食べる
・深い呼吸、からだを緩めるヨガやダンス、負荷の少ないスポーツ、歌をうたうなど
・甘い野菜のスープ、しいたけスープなどを飲む
・葛や寒天をつかったデザートを食べる
・ペットや好きな人、気の置けない友達と戯れたりたわいないおしゃべりをして笑う
・大根おろしを食べる
 (ちなみに今わたしがはまっているのは塩もみしたいちょう切りの大根を自家製甘酒につけて冷蔵庫で一晩おいた自家 製べったら漬け、、、これはぽりぽり大根が食べれてほんのり甘味が緩めてくれます。
 なんか、がりがり食べれるとストレス解消にもなったりする→氷や飴をがりがり噛む人は陽性過多って言います)


春だからね
軽やかにエアリーに、衣替えとともに自分もふんわり♪

写真は自家製甘酒のべったら漬けです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1824-f94172b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)