プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
木村秋則さんの講演会
『世界に広がる自然栽培の科学と実践』
2014041220482105b.jpg
尊敬する人の三本指に入る、絶対不可能といわれた無農薬自然栽培のりんごを育て全国で無農薬栽培の指導を行う木村秋則さん、自然栽培研究者の杉山修一教授、そして元俳優で、今は竜土自然農園おひさまの里の代表で農を営む菅原文太さんの講演にいってきました。
講演には世田谷区民ホールで開催されたからということもあり、世田谷区長も臨席されていました。
20140412204838dee.jpg

100年以上のながい肥料の使用が農地生態破壊をすすめ地球温暖化の原因になってり、自然栽培が地球環境を改善する手段である。

昭和30年に比較し、3倍以上のがん死亡率、国民の3人にひとりがなんらかの病気をもっているという現実の裏には農薬、除草剤、化学肥料などがたっぷりの毎日食べている食事かおおきく影響している。
自然栽培にはそれにとどまらず、根源的な深い社会問題などがみえてくる。
日本はどこにむかっていくのか?ひとつの道筋は自然栽培なのです。

自然栽培は畑全体を対象やすべての生物が役割をもつシステムの安定化⇨ボトムアップ的管理である。
トップダウンで抑えつける社会のしくみも、病気のがんを排除する考えも一般的な農薬や肥料、除草剤をつかう慣行栽培と通ずるものがあります。

東京オリンピックに自然栽培の野菜を提供しよう!という木村さんと菅原文太さんの決意に大きな賛同です。

木村さんは、りんごと向き合い、戦うということはやめたといいます。バランスとっていきているのが自然界で、すべてが力を合わせ生きている。現代社会は戦いや競争ばかりですよね。

農薬や除草剤の問題を意識し、自然栽培のものを選び、大勢の人が取り組めば発見があり、この社会が平和な世界になる。階段をのぼる気持ちで少しずつ取り組めは少しずつの変化となりひいては社会は平和になると、、
小さな積み重ねが『奇跡』になるにちがいない!

ゲストの菅原文太さんは今のテレビや映像に疑問をもち、スパっと俳優業をやめ、うちの親の移住した山梨の北杜市明野で無農薬で農業をはじめて四年が経つといいます↓
竜土おひさまの里自然農http://www.ohisamanosatofarm.com/Welcome.html

原発問題、NHKの会長、農協への疑問にも言及し、皆が農業にもっと感心をもち、子どもたちのために無農薬で安全なものをと、熱く語る姿、80歳といっていましたがそのオーラとかっこよさは田舎にこもってもかわりない。
除草剤は、ベトナム戦争でアメリカがつかった、枯葉剤とほとんど同じであり、そして農薬よりこわいのは戦争であると力説していました。

物質社会に埋れる日々、自分を見つめ直す時間、木村さんの言葉にまた今年も涙が自然に溢れました。

古来種のお米、ササニシキのもとである幻のお米ササシグレが農林省の認定をうけ販売をはじめたこと、戸越銀座商店街にに『自然栽培の仲間たち』という木村さんのお店ができたそう!無農薬、無肥料、無除草剤の自然栽培の野菜やお茶、米、味噌、りんご菓子などを販売するお店。ここもいってみなきゃ。
20140412204849a5c.jpg

日本から農業ルネッサンスを起こそう!
もっと農業に、ものの生産過程にみんなが意識をもとう。
201404122048593e5.jpg

友達とわけあって飲んだ奇跡のりんごヨーグルト
なつかしいジョアの味♪でした。

2014041222271486b.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1860-8e83b68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)