プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
梅雨の鬱にならないために、、
ASKAの覚せい剤のニュースで騒然としているこの頃。
頭をぐるぐるとする「はじまりはいつも雨」の楽曲に、上り詰めたアーティストの苦悩を考えると胸が痛くなる。
無題


砂糖は現代社会の麻薬

砂糖のとり過ぎは万病の元、心も体も狂わせてしまいます。

砂糖のとり過ぎでおこりうる病気は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、アルツハイマー、アレルギー性鼻炎、虫歯、歯槽膿漏、うつ病や不安障害、過呼吸等など、数しれずです。

砂糖の摂取によって、体内の血糖値が急激に上下し、まるでジェットコースターに乗っているよう、、、
気分もハイになったり落ち込んだりアップダウンの繰り返しに。あなたの周りにもいませんか?気分屋さんや、すぐキレる人。
衝動的な事件を起こす人はみんな砂糖依存で低血糖症になっているといいます。
膵臓はインシュリンを出し続けてパンク状態になります。

それだけでなく、ブドウ糖の分解時に体内のカルシウムやビタミンB1が消費されることで、精神が不安定になったり、集中力が落ちたり、体がだるくなったりします。
血糖値が急激な上下を繰り返すと「常に甘いものが食べたくして仕方がない」という中毒的な症状が起こりやすくなります。そう、これぞ麻薬!!
わたしもそうでした、、

その結果、細胞膜が傷つき、老化物質が生まれます。
しみやほくろは砂糖の燃えかすが体表にでてるものですよ。
精神の安定のためだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、美容のためにも大敵です。


今やお料理にもやまほどの砂糖、飲み物にも砂糖、目にみえないところでも摂取している量はおそろしい量です。白砂糖は極力控えよう。

麻薬は慣習化、甘みに麻痺しないように砂糖、減らそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1916-aaed2ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)