プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
離婚に至る原因の殆どが”砂糖”!!?

「離婚に至る原因のほとんどが”砂糖”」

うつ、ボケる、キレやすい、感情の起伏が激しくなる、、
とくれば納得ではありますが。

砂糖が離婚の原因と名言した記事には衝撃です。

カリフォルニア州のサンタ・バーバラにある結婚問題研究所の所長であるマリー・J・ハンガーフォード博士の長年の臨床経験によるもので、
「甘味は、男女の関係を破壊する物質としか言えません。結婚生活が破綻する原因の50~70%は、甘味の摂り過ぎだといえます。私のところに相談に来る夫婦の4組のうち3組は、夫婦ともに甘味を摂取しすぎていて、とにかくケンカが耐えない状態なのです」

まだまだ知らない人も多いですが、白砂糖は運動しても、何をしても毒消しして「チャラ」にできない、常習性のあるこわーいものです。
血中カルシウムイオンを欠乏させ、ビタミンBも破壊し、血液を汚し赤血球を崩壊、脳神経を麻痺させちゃうんです。

そしてあまーいあまい魅惑の味は満足度が高く、血液中のブドウ糖、血糖値は急上昇して疲れもとれた気になり気分もよくハイになる(これが朝糖分をとると頭が働く、などといった間違った情報の根源です)
でも、急に血糖値が上がるとそれを下げるために膵臓が必死でインスリンを大量に分泌するため血糖値は急低下し疲労を感じ、そのためまた甘いものを食べる、という繰り返しの悪循環に陥る。
これがいわゆる糖尿病の一歩手前の『低血糖症』です。
低血糖は脳の機能を低下させ、イライラやうつ状態を引き起こし落ち着きがなくなり、体は血糖を上げようとして、副腎から攻撃ホルモンといわれるアドレナリンを分泌させ、肝臓を刺激してグリコーゲンを出させる。
このアドレナリンが人を攻撃的にさせ、キレやすくするのです。

よく試験の前には甘いものをとるな、、、ともいいます。
それは脳機能を低下させるから、、、
そして、もっとこわいのはカロリー0と謳われる人工甘味料。
遺伝子組み換えの化学物質、自然界にない人工的なものが自然界の生き物である人間にいいはずもありません。

砂糖の怖さを知り、ちょっとずつ減らし、甘酒や米飴や、ドライフルーツなどの自然の甘みに上手にシフトする努力をちょっとずつしたら、家庭も会社も社会も世界もよくなりますょ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/1924-ed22fd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)