プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
食べること
わたしたち人間も自然の生物の一つであり、環境と調和をとりながら暮らしてきました。
自然のリズムにあわせて暮らしてきた長い歴史の中で、その土地の気候や食物にあった体質になっています。
海に囲まれた島国の日本では日本の気候風土に合った食があり、また同じ日本の中でも北と南、海と山間部などでは、大きく環境が違います。
それぞれの季節や環境に合った食べ物や食べ方があり、その土地のものを旬の時期に食べることによって健康になるという「身土不二」という考え方があります。

現代の人たちは、ハイカロリーな有り余る食べ物に囲まれて食べたいものを好きなだけ食べれる環境下にいます。
そしてコンクリートジャングルで閉塞的なオフィスでストレスまみれでパソコンに囲まれて仕事をし、時間も不規則で多忙な生活の中で食事は空腹を埋めるために食べている人も多いと思います。
身近で手軽なコンビニ食やファストフード、レトルト食品などの加工品は生命力もなく、そうした自然に反した生き方と食が適応力や免疫を下げ、アレルギーの増加や、心や体のバランスを崩しているのは否めません。
飽食の今、食べるものを選択していく知恵が必要です。
そして癌をはじめ生活習慣病や肥満の直接原因として医学界でも明白にされている動物性食品の過剰摂取を減らしていくことは必須になります。

本来からだが持っている「自らバランスを調えて上手に生きる機能」をよみがえらせるには、なるべく自然に合わせて生きることが必要です。
いつも健康で元気に美しく若くいたいという願いは誰しもが持っていると思います。
そのために食べるものの選択はとても大切です。

◎なるべく暮らす土地に近いところでとれた、その季節に自然にとれるものをいただく
◎日本人が古来から食べてきたものを中心に食べる(米、味噌汁、漬物、梅干し、旬野菜など)
◎加工食品は避け、全粒や皮ごと命そのものをまるごといただく
◎腹7分、よく噛んでバランスよく食べる
◎夜遅くは食べない(10時~5時は細胞が生まれ変わる大切な時間、この時間には寝ていることが理想のため何かを食べることは門外無用)
◎体調やコンディションの悪いときは、治癒に体内の酵素をまわせるよう、食べない(もしくは極少食)ことで消化に酵素をつかわない。内臓を休める
◎白砂糖の甘いお菓子やジュースなどや、添加物、農薬、化学肥料等はなるべく口に入らないようにする。
◎感謝して楽しく食べる

omusubi.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/2277-ef23f5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)