プロフィール

Honey and Marron

Author:Honey and Marron

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

ハニマロ
Fine food, natural life and you make me happy.
オーガニックを当たり前に
オーストラリアに招聘されて15年間オーガニック農業の指導をされていた野々川さんのトーク。オーガニックで多収穫できる農法
一昨年日本に戻り、日本のオーガニックの遅れと農業の衰退ぶりに愕然としたそう。
農業とは土作り、土の中の病原菌が野菜の病気の8割なんだとか、、
本来オーガニックだからこそ虫も来ないし病気にもならないのに日本のオーガニック野菜は見た目の悪いものばかりなことも指摘されてました。

野菜も人間とおなじで、健康なら菌をやっつけて病気を発症することはない、そして健康でない野菜をたべたら私たちも健康になれないと、、、
まさしく、です。

2050年に90億人になると言われる人口の胃袋を満たすために正しいオーガニック農法を普及、指導されているんだそうです。


今回のお話をきいて2年半ほど前、今は亡き菅原文太さんの講演を思い出しました。
俳優を引退し北杜市明野町で有機無農薬農業をしていた文太さん。

日本の有機の率はわずか0.18%
他国では国が金銭的援助、サポートしているためフランスは30%、そして農家が潤い豊かであるのに、日本の農業は干上がっていて疲弊しているとおっしゃってました。そしてみんなが農業に関心を持ち子供たちのために無農薬のものを、そして東京オリンピックに自然栽培の野菜を提供しよう!!と熱弁されていました。

ミツバチを絶滅に追い込んでいるネオニコチノイドは日本が発明したもので、普通の1万倍の強さを持つのだそう。
海外では使用禁止なのに日本では野放し。
当たり前に使われている除草剤は、ベトナム戦争でアメリカが使った枯葉剤と変わらない。

改めて私たちと地球の免疫を上げるためにも、オーガニックを広めることを皆で考えたいです。
https://www.facebook.com/events/454715981365475/

※酉年にちなんで塩麹風呂吹き大根を鳥さんに、、、足はマクロビオティックの基本食のごぼうの梅煮です^ ^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://honeyandmarron.blog.fc2.com/tb.php/2340-dd9a1111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)